各部が一同に会し一年の予算を話し合って決める 各部が一同に会し一年の予算を話し合って決める

松本深志高校では、生徒会会計予算 約650万円の使い道を、原則生徒のみで決定しています。各委員会や部活動の代表者が集い、限られた予算の折衝をする場が、「折衝会」です。
折衝会での、各団体間の「駆け引き・談判 」それは、ここ松本深志高等学校の折衝会という場においては決して生易しいものではありません。
毎年1月頃に「年間予算」、5月頃に「とんぼ祭特別予算」を決定する「折衝会」が、会計経理委員会を中心に行われています。
この予算オーバー分を、各団体の会計担当者、いわば"敵手"たちと議論を通して削り合います。
期間はおおよそ3日間、授業終了後〜19時ごろに行われます。ただし決着がつかなければ夜遅くまで、または4日目、5日目へと続くこともあります。
また、回によっては多額の申請や、例年と異なった品目での申請をした団体に焦点が当てられ、議論されます。
このような、予算をめぐる熱い討論を生徒自ら運営していく、「折衝会」とはまさに深志の「自治の精神」の表れと言えます。

各団体からの申請額
予算額
予算オーバー分
ここを折衝に
よってゼロに!
通常、各委員会・部活動からの申請額は年間予算額をオーバー。
この超過額を各団体会計担当が論議し、譲歩することで予算内に納める「生徒だけの予算委員会」が折衝会。
「年間予算」・「とんぼ祭特別予算」を
原則生徒のみで決定!

2021年度 会計経理委員会委員長
本澤奈波