深志高校とは

課程:全日制普通科
規模:全23学級927名(男子481名、女子446名) (令和3年4月現在)
位置:長野県松本市蟻ケ崎3丁目8番1号(北緯36゜15′ 東経137゜58′ 海抜618m)

 本校は明治9年7月、開智学校内に「第17番中学変則学校」として創設されて以来の歴史と伝統を持つ県立高校です。
長野県松本市にある学舎では、北アルプスの峰々を日々仰ぎ見るすばらしい自然環境の中で、「自治自律・自学自習」の高邁な精神を持ち、社会の要請に応え得る識見を養い、透徹せる知性と溢れる情熱を傾けて社会の創造者たらんとする気風をその精神的基盤として日々研鑽に励んでおります。
このような本校精神の基は、初代校長小林有也先生の教育理念及びその三十有余年に亘る教育実践に根源を見いだすことができます。小林先生が病の床より愛する生徒たちに遺された次の御三訓が今なお脈々と語り継がれています。

一、諸子はあくまでも精神的に勉強せよ
一、而して大に身体の強健を計れ
一、決して現代の悪風潮に染み堕落するが如き事のあるべからず

 この御三訓の底を流れる清冽にしてひたむきな精神こそが、過去・現在・未来という時の流れを超越して本校を支え続ける「不易なるもの」として我々を育み続けてくれています。