生徒
ブログ

高校受検

360°の景色—学びの先に

こんにちは!生徒会本部学校ホームページ係の伊東咲楽と那須勇臥です。とんぼ祭が終わってしまいました。今年は多くの方が来校され、深志の雰囲気を大いに感じていただくことができました。
さて、今回は、本校の数学科の武智先生と対談をしました。テーマは大きく分けて「武智先生の学生時代」「武智先生の思う”学び”」「中学生へのメッセージ」となっています。ぜひ最後まで読んでみてください。

武智先生の学生時代

伊東:中学生の時は勉強をどのぐらいされていましたか?
武智T:まだ親の目とか、周りの先生が熱心な人も多かったから、平日でも2時間はやっていましたね。勉強は嫌いではなかったけど、まだ勉強の面白さに気づいていない中学生でしたね。
伊東:高校生のときはどのぐらい勉強されていたのですか?
武智T:土日多くやっても2,3時間とかぐらいじゃないですかね。高3で大学受験直前だと1日1教科1時間ぐらいですかね。
伊東:中学生の時はまだ勉強の楽しさに気づいていなかったとおっしゃっていたのですが、それに気づいたのはいつですか?
武智T:楽しいかもなって気づいた、意識し始めたのは大学入ってから。だからほんとここ最近の話ですね。勉強もそうだけど、研究、周りを見ていてもやっぱり楽しそうだし、これはすごくいいぞって思って、いつの間にか大学院に行くことを考えていたかな。教育実習では生徒はどんどん勉強ができるようになるし、その意欲や人間らしさを見られた学校っていいなって、大学時代の塾でのバイトの経験も重なって、人を見る仕事に就きたいなって決心が固まったときですね。教員になるならないで結構ギリギリまで悩んでいました。

武智先生の思う”学び”

伊東:先生にとっての学ぶ意義はなんですか。
武智T:人それぞれあると思いますが、役に立つとか立たないという次元じゃなくて、自分の人生を豊かにするといったら大げさかもしれないけど、自分の見ている世界を広げる手段だと思います。例えば、山に登っても一つの方向の風景しか見られないなんてつまらないですよね。頂点にたどりついて視野が360度開けて気持ちいいという感覚に勉強は似ていると思います。学ぶ意義を一言で言うと、自身の視野を広げることによって人生を楽しく過ごすということですかね。
伊東:学ぶ意義は人それぞれあるってお話を聞いて思いました。
武智T:ほんとにあると思うんですよね。仕事で使うからっていうのもいいと思うんですね。それは仕事を頑張りたいとか、仕事にある程度重きを置いて、自分の人生を1から歩んでいきたいという現れだと思うし、その可能性を広げるっていう意味でも勉強はあると思いますね。

那須:先生が数学をやっていてよかったなと思うことはありますか。
武智T:数学を通していろんな人と出会えたことは、数学をやっていてよかったと思います。今でも連絡をとる人がいるぐらいですし。

武智T:深志のいいところって様々な考えや視点を持った人がいるっていうところですよね。多様性にあふれた環境だから勉強するモチベーションになったり、いろいろな視点だとか切り口だとかあったりして、刺激を受けることが多いです。なので、勉強は1人でしてほしくないですね。人とのかかわり合いを持つことで高校生活で楽しいかもって気づけるかもしれないし、やっぱりそういう気づきとかを得るために、深志という環境を生かしてほしいと心の中で思っています。
伊東:1年間いただけでもぶっ壊される思想に出会う機会があるなと思います。どちらかといえば先生からというよりも生徒からのほうが多くて、いろんな人と学びあえると思います。
武智T:ほんとにそうだと思います。1,000人ですよ、全校で。それぐらい、いろんな可能性にあふれていると思います。

那須:武智先生は県外のご出身と聞きましたが、ここ松本周辺の高校生に衝撃を受けたことや、同じだなと思ったことを教えてください。
武智T:衝撃の連続ですよ。まずこの深志は私服ですよね。そこにも衝撃を受けたし、深志来てからは “自治!”っていう考えに出会いました。僕にとっての高校生活は制服を着て、ちょっとでも髪が耳にかかったら厳しく指導されるものでした。だから、そこには衝撃を今も受け続けていますよ。こんなに自由があっていいんだなって思えるしね。似ているなって思ったことはあまりないです。
伊東:生徒に自由がある分生徒にも責任があるし、先生にも責任があるっていうのは大きいですよね。お互いに大きな責任を背負っているっていうのが諸所にあって。
武智T:生徒のみんなも責任があって、とても難しい立場ではないと思うんだよね。

中学生へのメッセージ

那須:最後となりますが、中学3年生にメッセージをいただいてもいいですか。
武智T:受験勉強ってとらえると苦しいことがいっぱいだと思います。その苦しい中でも、1つ楽しいなとかこれ面白いって見つけられる努力や勉強することを通して見つけられると、3月・4月にいい結果を迎えられると思うし、そのあとの高校生活とか大学生活とかその後に楽しく人生を送れると思うので、ぜひ今を楽しんで過ごしてもらえたらなと思います。