校長通信
ゆくて遥かに
校長通信

2021年6月14日

第164号 硬式庭球部 インターハイ46年ぶり

【男子 硬式庭球部 46年ぶりにインターハイ出場】

 今後、北信越大会そして全国高校総体と続きます。忙しく活動している硬式庭球部員の皆さんに校長室で賞状伝達を行いました。全国大会でも大いに活躍してきてほしいと思います。

顧問の高野先生と選手たち

 日焼けした顔には若さとたくましさ、そして清々しい力強さを感じました。主将の言葉にも表れているように、選手だけでなく部員全員で勝ち取った勝利であるとの言葉からも高校時代の仲間づくりの大切さを感じます。

 主将をはじめ部員らの意気込みは、以下の「硬式庭球部員の意気込み」から是非ご覧ください。(「ダウンロード」をクリック)

 顧問の 髙野大二郎 先生からもメッセージをいただいています。

「今回の県総体準優勝を受け、本校同窓会、硬式庭球部OB、保護者の皆様、教職員並びに生徒の皆様から多数のご支援、心温まる応援メッセージを賜りました。この場をお借りして御礼申し上げます。

 皆様の心のこもった温かいメッセージは、確実に部員一人ひとりの力になっています。コロナ渦の大変な状況の中、沢山の方のご協力とご支援をいただきながら活動できていることに部員一同感謝の気持ちでいっぱいです。重ねて御礼申し上げます。

 今年度は新たに1年生が4名入部してくれたため、2年生6名、3年生7名の計17名とともに技術力の向上に加え、人間的な成長も目的として日々活動を行っています。特に3年生は、本校入学当初より、長野インターハイ開催による参加枠2枠を見据えて、本年度全国出場を目標にしてきました。主将の前川、部長の今井が中心となり意識を高く持ち、チームを牽引してきました。

 今回このような形で想いを結実させ、またとない機会を逃さず、北信越・全国への切符を見事手にした部員たちを誇りに思います。上位大会では普段の練習場所である松本市浅間温泉庭球場が、これまで夢見てきた大舞台になります。地元松本の地で大いに力を発揮し、一戦一戦大切に、深志らしく戦ってほしいと思います。

 応援してくださる方々に結果として恩返しできるよう、更に力を入れて活動していきます。何卒ご協力よろしくお願い致します。」

(English version below)

   I honored the tennis players in our school club for achievement in the prefectural tennis tournament and for getting a ticket to play in the national competition.

   In my office, the students looked good with a tan, powerfully built, and full of youthful energy.  The captain mentions that this victory was gained by combined efforts of all the club members even though particular students had actually played in the court, which reminds us of the importance of close association and influence of peers in high school days.

   Have a look at their enthusiasm and determination by clicking the file attached above.

   Mr. Takano Daijiro, their adviser, also comments;

   “I would like to thank all people concerned for lots of warm and supporting messages sent after the students placed 2nd in the team competition of the prefectural tournament; the messages were from the alumni association, the former club members, their guardians, and their teachers and friends as well.

   “These warm messages have certainly reached every club member, reminding them of having experienced a once-in-a-lifetime opportunity of playing tennis under the spread of COVID-19.

   “The objectives of the club activity include to develop their personal growth both physically and mentally, as well as to develop their tennis skills.  Mr. Maekawa, the captain, and Mr. Imai, the team manager, both have led the team members with an iron will and determination; they thought that they could be nominated as one of the two representatives from Nagano for the national tournament, since more than one nominee can take part from the prefectures where the national competition is to take place.

   “I am proud of the team members, and hope they will play as normally in the next stage as they can in the nearby courts in Matsumoto.  I am sure they will show what they have there.  Thank you again for your attention.”

ARCHIVE